ライブ配信を始めよう

2020年6月12日

ゲームの実況にはこんなパソコンがおすすめ

ゲームの実況、配信をしたいという人たちも多くいらっしゃることでしょう。そのような人たちは、どの程度のパソコンを持つといいのでしょうか。

ゲームの実況配信をしたい

いまどき、ゲームの実況配信をしたい……という人たちも多くいます。そして、どのようなパソコンを購入すればいいか迷っている人たちが多いのではないでしょうか。

スペックの高いパソコンを購入した方がいい?

ハイスペックのパソコンは、もちろん料金が高いです。ゲームの実況のために、そのようなパソコンを購入しなければならないものなのでしょうか。実際に、ゲームの実況配信をしたいという人たちに、ハイスペックのパソコンが必要不可欠ということではありませんが、スペックはやっぱり高い方がいいと考えるべきでしょう。

ゲーム配信を意識すれば、最低レベルでミドルスペック程度は必要だと思いますよ。そもそも、ゲーム配信する人たちが、パソコンをチョイスする上で、こんなハイスペックのパソコンは必要なかった……と後悔しているよりも、もっとハイスペックのパソコンにしておけば良かったと後悔している人たちの方が圧倒的に多いです。

ストレス一杯ためて、ゲーム配信したくありませんからね。やっぱり、レベルの高いパソコンは、必須と言っていいでしょう。

ゲーム配信ということは、普段、私達がパソコンを使用している以上、大きな負荷がかかってしまうことを想定する必要があります。つまり、パソコンは、ゲームを悠々と行うことができるレベルのものが必要です。

はっきりと言って低スペックでは、ちょっとゲームの実況配信は厳しいです。

必要不可欠なパソコンスペック

家庭用ゲーム機のゲームの実況配信をしたい……という人たちは、パソコンにおいて、CPUとメモリを意識しなければならないでしょう。

ただし、スプラトゥーン2やマリオカートのようなゲームの場合、それ程レベルの高いグラフィックボードが必要なのかと言えばそうではありません。

パソコンゲームを実況したいという人たちは、 CPUとメモリ、そして、グラフィックボードも高性能なものを意識するといいでしょう。テレビゲームでは、ゲームの動作はスイッチやPS4に任せてしまって、パソコンでしなければならない作業は、エンコードオンリーなので、グラフィックボードはそれ程重要なポイントではありません。

しかし、あなたがパソコンゲームを行うという場合は、 パソコンでゲームを動作させなければならないという問題があります。そこで、グラフィックボードが大きく関わっていくことになります。

PUBG、マインクラフトあたりなら、GTX 1060 6GB ~ GTX 1070 Ti 以上は必要ではないでしょうか。オーバーウォッチあたりは、GTX 1060 6GB 以上、ハースストーンなら、GTX 1050 以上程度あればいいです。

ゲーム配信はやっぱり重い?

ゲーム配信はやっぱり重いという認識は、お持ちではないでしょうか。パソコンは、いろいろな使い方をしますからね。全然、パソコンに負荷がかからない作業もあります。

PUBG、OBSを使って、Twitchで配信することを前提として、パソコンは、配信中でCPU使用率は86%前後あたりまで使用されることになります。配信なしの場合は49%前後です。

メモリは、10.8GBだったものが13.5GBに。そして、GPU使用率(グラボ)は、80~87%前後だったものが、82~89%前後に。

CPUにはやっぱり相当負荷がかかっています。メモリ使用量が、
13.5GBというのも相当酷です。一方で、GPU(グラフィックボード)は、それ程変化していない感じですね。グラフィックボードは、この場合ではそれ程重視してなくても大丈夫という結果になりました。